教授(診療科長):滝澤 始

 杏林大学病院は多摩地区の地域医療の拠点として位置づけられた特定機能病院です。そのなかで、呼吸器内科では、他科との連携、チーム医療を行うことにより、患者さんが安心して治療を受けられ、質の高い医療を提供できるように努力しています。

診療対象疾患は、呼吸器疾患です。市中肺炎、肺癌、気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患、間質性肺炎などの疾患を専門的に診断・治療しております。 治療に際しては、本邦、米国等で用いられるガイドラインに基づき着実な治療を目指しております。同時に、臨床治験、学会発表等の学術活動も積極的に参加することにより、次世代の治療の可能性も遅滞なく取り入れていく所存です。その際には、最先端科学と人間性とのバランスの取れた医療となるよう心がけていきます。


教授(臨床教授):石井 晴之

 今年度より、教授職を拝命いただきました。大学での職務として臨床、研究、教育ともにこれまで以上に発展していくよう努力していきたいと思っております。

 難病、稀少肺疾患の診療には特に力を注いでいきます。間質性肺炎、肺胞蛋白症を中心に多摩地区での診療ネットワークの設立そして充実化を積極的に進めていきたいと思います。また今年度より武蔵野大学と群馬パース大学との共同研究もスタートし、関連施設をより多く設けることが出来ています。診療だけではなく次世代の育成を大きな責務として努めていきます。

 

 当教室は、多くの仲間が助け合い協力しあうことを大切にしている職場です。忙しい中でも笑顔を絶やさず、前向きに活動しています。喘息・COPD、びまん性肺疾患、肺がん、感染症を大きな柱に研究グループを設けていますが、診療は専門分野に偏らず全ての呼吸器疾患を担当するようにしています。

 呼吸器診療に興味ある学生および内科医の方々、是非当教室の雰囲気を見に来て下さい。